前世と私と平安神宮と

はい、出ました。

今日は以前の私、いわゆる前世についてのご紹介 v( ̄Д ̄)v イエイ

いつもの如く青虫がご案内します。

 

 

私達に記憶はないけれど、輪廻転生は気が遠くなる程に繰り返されているようだ。

何通りもあるが故に、記憶の残る桃水でさえ全ての前世は覚えていないという。

 

確かなのは、

おそらく日本で私達は出会うということ。

 

そんな幾度となる出会い、その中でも今日は一個前の私達のおはなし。

 

まずは桃水

彼女は自分で覚えてるだけでも霊能力を所持して生を受けるのが定番だとか。

前回の時も例外ではなく、しかもその時代は霊能力を利用するお仕事をしていたのだ。

 

京都の平安神宮って知ってる?

有名だから必要ないと思うけど一応説明しておくと

京都市内の北東に位置する岡崎という地域に君臨する神宮である。(知ってると思うけど)

 

そこで遥か昔に巫女として働いていた寧々という女性、

それが桃水だった。

そのころの平安神宮には彼女の様に霊能力を持つ人が働いている部署?のようなところがあって、神事の業務を受け持っていたんだって。

 

その他、一般人の悩み相談としても門を開けていたこともあり、そこへある日やってきた20代後半の女性と寧々は出会うことになる。

と名乗るその女性こそが今の私、青虫なのだ!

 

麻はいたって普通の民。

巫女として神宮に努めている寧々とは生きる世界が違うことは一目瞭然。

 

麻は両親が亡くなって天涯孤独になったものの供養なんかはどうしたら良いのかわからないと相談しに訪れたと言うこと。

 

それがきっかけで、民である麻と巫女の寧々は何故か意気投合をし、

幾度となく寧々のもとに通う麻の姿があった。

 

洛中からは外れた南の方面から律儀に手土産を持って会いに来てくれる麻。

(おそらく久世橋周辺かな?って思う)

都を南端からテクテクと徒歩で平安神宮まで…!?

けっこう距離あるよ?

信じられない昔の人って

Σ(・□・;)

 

『麻ちゃんは京の町が好きだったから歩くの苦ではなかったみたい』

桃水さん曰く↑

 

それは幼い頃から神事を生業とするために生きてきた寧々にとっては事件であった。

生まれて初めての友達が出来たのだから。

 

時に麻は自分の友人も神宮へ連れて来てくれることもあった。

それまでは能力者として世間からは人間扱いされてこなかった寧々にとっては初めての感覚。

 

麻が会いに来る

友達として

 

それが寧々の楽しみであり生きがいになっていったという素朴なおはなし。

桃水の記憶として根強く残っている。

 

遥か遠い記憶を頼りに語ってくれる昔話

それは私には本当かどうかはわからない。

なのに、ほっこりするのは何故だろう?

 

もちろん今の私の後ろには麻がいる。

桃水の後ろには寧々がいる。

 

私達の語り合いはあの頃の再現をしているだけのこと。

心和むのも当然だろう。

 

ちなみに今世で私たちが対面した瞬間、桃水は『あ、あの時の…!』と思ったらしいよ。

 

後から聞いて笑ってしまった!って、なんだか私にぴったりなんで

( *´艸`)ふふふ

 

そして今世でも私は京の都に住みたいと憧れている人生であった。

 

私達の出会いの記事↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
いつもクリック協力ありがとうございます。にほんブログ村


スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう