団子先生と桃水の想い出 Part 2

 

こんにちわ、青虫です!

前回、沖縄の霊能者である団子先生と私の親友の桃水

ふたりの再開の話題をしました。

 

初顔合わせのはずの二人は、実は前世での知り合いだった。

そしてお互いが前世の記憶があるというとってもレアなお話。

その続きを進めていこうと思います。

 

前回の記事をまだ読んでいない方は是非こちらから

 

 

 

軽いおさらいとしては、この二人は平安神宮で能力者として働いていた同僚だったという前世の想い出を持つ。

長い時を経ての再開にしては、桃水と団子先生の温度差があまりにも違い過ぎるということが私は気になった。

 

団子先生は桃水との再会に上機嫌、にも関わらず桃水はそうでもない微妙な雰囲気をかもし出す。

この空気感は何?という疑問は桃水に後から聞かされた事実で腑に落ちることになった。

 

団子先生は嬉しそうに言っていた
『昔、僕の事を好きだったよね?僕たちキスしたよね~』なんて恥ずかしいことを・・・

 

キスしていたということだから桃水は女性であり以前にも記事にしていた寧々さんという巫女だった。

 

そして団子先生は男性能力者であり、桃水のことを可愛がっていた先輩能力者だったということを団子先生本人が私に教えてくれた。

 

 

しかし桃水の記憶はこうだった。

『確かにキスはした』『平安神宮で一緒だったのも本当』でも真相は彼の言っていることと少し違うのだということ。

 

こちら↓

桃水の記憶
彼は確かに能力者だったけれどレベル的には今と同じ、微妙な力だった。
役職として仕えていたあの時代は『使えない奴』というレッテルをすぐに貼られた。
彼は自分の能力を大きく偽りハッタリで生きていく道を選んで各地を転々としていたようだ。
行く先々で、口ほどにないことが周囲にバレるとすぐにいなくなる生活を繰り返していた。
その一つが平安神宮だったというわけ。
だから可愛がってもらったわけでもないし、ほんの少しだけ職場にいた人という間柄。

 

 

そして桃水は怒り心頭で言い放った。

キスは無理やりされたの!!!(--〆)

 

 

なるほどそういうことだったのね。

あの空気感の意味がわかったわ。

職場にいるただの同僚がいきなりキスしてきたらあんな空気になるわな…

(;^_^A

 

そして団子は曖昧な記憶を上手く改ざんさせてのハッタリで人生やり過ごすのかな?

『今世でも同じ道を歩むんだな・・・』と桃水はポツリと言った。

確かに…今世でも一つの場所に根付かずに全国を転々としてるもんね。

 

しかし団子先生について修行する人々を心配しつつも桃水の結論はこうだった。

『誰を信じるかはその人の自由。それがその人の人生になる』と。

 

生きていく上で重要になってくるのは正しい判断目と正しい決断力なのだと彼女はいつも言う。

まさに良い例を見せて貰った出会いだった。

 

人間このポイントさえ押さえていたらOKだよ💛と桃水が言う判断目と決断力

その力を養うには、やはり日々の修行が大事になってくる。

特別なことなんてしなくてもいい。

滝に打たれに行く人いるけどそんなことしなくてもいいんだよ。

 

普通に与えられた日常を真摯に取り組むこと。

 

それが何よりも効果的な修行であると私は桃水から教えて貰った。

そのアドバイスを気に入ってそっちを選んだのもまた私の人生ということだろう。

どの道も自分で選んだなら正しい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
いつもクリック協力ありがとうございます。にほんブログ村

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう