こんにちは!青虫です。

私は普通の人間ですが霊能力を扱う友人、桃水との日常会話をスピリチュアルメッセージとして記録しています。

桃水の紹介はコチラ↓

 

前世からの縁で繋がる比叡山と息子

 

前回の記事にもしたけれど、我が家の高校生の息子も霊的な感性が強いようです。

小学校の時には、この世にまだ生まれていない妹の魂を比叡山から連れ帰ったという偉業?を成し遂げてくれました。

その記事コチラ↓

 

実は比叡山と息子には遥か遠い昔からの縁があったのです。

今回のエピソードは両者の関わりについて記事にしようと思います。

 

 

 

私達が住んでいる地域から遥か北の方角を眺めると存在感のあるお山が小さく見える。

それが今回の舞台になる比叡山

 

真ん中の尖っているところが比叡山

 

 

ある時、4歳の息子が言ったのだ『あ、あれは鬼ヶ島だ!すぐにでも行きたい!!』と。

鬼ヶ島!?何だかよくわからないけど、その異様な存在感が幼子の目に映って言葉にした表現がソレなのかもしれない。

 

これまた偶然なんだけど、実は私も若かりし頃から比叡山が大好き。

ことあるごとにドライブと称しては登山していたこともあり、息子の他愛のない発言にすぐに便乗した。

 

次の休日、さっそく比叡山へ出かけることになったのだ。

 

猿のようにかけまわる

 

私が大好きな比叡山には延暦寺がある。

天台宗の総本山であるその風格は格別なもので、神社仏閣が好きな人ならば比叡山に登山すれば必ず立ち寄る場所であるはず。

当然、私も毎回ご挨拶に伺うので息子を連れていくことになった。

 

すると入山するや否や、息子に異変が起きたのだ。

 

その様子はワクワクしているのだとすぐにわかったけれど、興奮状態と言えるその行動は、ひたすら辺りを駆け回っている。

まさに猿のように、嬉しそうに飛び回る息子は言った。

『お菓子~!お菓子は?今日はどこで貰ったらいいの!?』

 

何を言っているんだ?

ここはお寺だし、お菓子を食べに来たわけではない。

しかも今日はどこで貰ったらいい?なんて、まるで何度も来ているかのような言い方をしている。

 

『お菓子なんて貰えないよ』と私が伝えると息子は拍子抜けな表情を見せた。

 

前世は比叡山の猿

 

それから2年ほど経ち、

比叡山での息子の不可解とも言える印象的な行動の真相がわかった。

 

もうネタばらしをするけれど。

息子の前世は、比叡山に生息する猿だった。

 

当時、出会って間もなかった友人の桃水が後に教えてくれたのだ。

私が比叡山での息子の不思議な言動を伝えると、彼女は大爆笑していた。

『そのまんま覚えているんだね』と。

 

その彼女が視えているモノの真相を教えて貰うと私も『なるほど』と理解できた。

何かと腑に落ちることがたくさんあったのだから。

 

確かに猿だった。

まさに息子は猿そのものになって比叡山で駆け巡っていた。

 

もっとも日頃から猿のような多動児だったけれど、本当に彼は猿だったのだ。

息子は医学的にはADHDという診断名があり、彼は多動が過ぎることでそのような診断が下った。

けれど桃水の目には障害ではなく、彼の前世の獣の性質が残っているだけだと言った。

病として名前をつけないと人間的には説明ができないから仕方ないらしい。

もっとも多動児に限る見解であり、他の発達障害を幅広く視ると本当に病と言えるであろうモノもあるということ。

 

そして息子がお菓子を貰える場所をしきりに探していた理由もわかった。

それは遥か昔に行われた延暦寺での祭事に関係がある。

そのころは奉納されたお供え物を山の動物にも分け与えている様子が視えると桃水は言った。

 

その時の記憶がこの子の魂には根強く残っているのだろう。

 

山の動物にしたら思わぬサプライズである。

時が流れ、生まれ変わっても尚、嬉しい記憶として染みついている。

 

なんだか目頭が熱くなった。

 

人間の何気ない思い付きだったとしても、動物たちにすれば心躍る出来事だったんだろう。

ウチの息子と、いにしえの猿がリンクしてしまう。

というか、同じ息子である。

お菓子を与えて下さったお坊さんたちに感謝だ。

 

ありがとうございます。

 

 

 

そして現世

息子は高校生になっているけれど、今ではすっかり前世の記憶はありません。

小学校3年生くらいまでは比叡山での思い出話をしてくれたけれど・・・

次回はそんなエピソードをいくつか紹介しようと思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
いつもクリック協力ありがとうございます。にほんブログ村

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう