こんにちわ、青虫です!

この記事を書く私は普通の人間ですが、霊能力を持つ友人、桃水との日常会話をスピリチュアルメッセージとして記録しています。

初訪問の方は桃水の紹介をよろしければ↓

 

前回、私とお稲荷さんの出会いについての話題をしました。

今回はその続きをお話ししましょうか。

前回の記事はコチラ↓

 

お稲荷さんへお酒を供える

 

私はご縁のある2尾のお稲荷さんがおられる場所まで通うことになった。
鴨川の橋の下まで。
表面上はホームレス屋敷に通う女
そうとしか見えない状態…怪しい。
たまたま橋のたもとに一台分ほど車を停めれるスペースがあり、なんとそこに小さな酒屋があった。
日本酒を持ってお稲荷さんに会いに行きなさい
団子先生には確かにそう告げられた。
その店は昔ながらの趣がある素敵な外観。
古さ加減が運命を感じさせた。
やはりお稲荷さんはお酒をご所望なのだと私を信じさせる環境が揃っていた。
全てが必然!!
スピリチュアル大好き女はそうとしか思わず何の疑いもなく通い続けたのだ。

お稲荷さんの元に通い続ける修行?

まぁ実際、ほんとにお稲荷様がいるのだ。
それは嘘じゃないと後にわかったから良かった。
私はただのバカではなかったと少し安心できる。
しかしホームレスさんとの気まずい共有時間は罰ゲームでしかない。
過酷なアウトドア生活をやり遂げる彼らには私としては尊敬の念でいっぱいだけど
逆におじさんの方は困っていただろう。
『アイツまた来やがった!』そんな風に。
何度か言葉は交わしたよ。
『何してんの~』って声をかけられたので
私はなんと説明していいのやらとしどろもどろ
『えーと…こちらに我が家に先祖代々伝えられているお稲荷様がいらっしゃいまして・・・・』
怪しい怪しい!!💦
おじさん優しかった
そして、たまたまその地域が地名に『稲荷』がついているのだ。
お稲荷さんの盛んな地域なのよ、きっと。
そんなこともあってか、おじさんは『あぁやっぱりな、お酒撒いてるしきっとそうやと思った』と言ってくれた。
だいたい迷惑な話でしょ、家の横に酒を撒かれるなんて、どっか行けやと言われたとしてもしゃーないのに・・・
ありがとう、おじさんにもお稲荷さんのご加護があればいいね。

お稲荷さんの本当のメッセージ

鴨川の橋の下に住んでいるオジサンは今頃どうしているんだろう?
それはわからないの、だって私はもう通っていないから。
その真相は桃水にあり!(`・ω・´)っ
後に彼女に告げられた方を私は信じることにしたのだから。
桃水『行かなくて良い良い( ´艸`)』
は・・・?( ゚Д゚)ハァ?
当然、私はポカンだよ。
完全に信じていたんだから。
桃水ちゃんの読み取りはこうだった。
来なくていい。想ってくれていればいい。その時が来たら私はあなたの力になれる
お稲荷様はそうおっしゃっているということ。
な・な・なんですとー
団子!!*団子先生~!!またもや適当な霊視を・・・恐るべし!!
*沖縄のユタ
ところがこのブログでお稲荷さんの話題を始めたこの頃、途端に急展開があったことをお知らせせねば!
10年以上も音沙汰のなかったお稲荷様からのコンタクトがあったのだ。
マジで
それはまた次回に!

To be continue!v( ̄Д ̄)v

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
いつもクリック協力ありがとうございます。にほんブログ村

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう