こんにちわ、青虫です!

この記事を書く私は普通の人間ですが、霊能力を持つ友人、桃水との日常会話をスピリチュアルメッセージとして記録しています。

初訪問の方は桃水の紹介をよろしければ↓

 

今回は自分の後ろの人、即ち守護霊についての話題。

 

守護霊は人間とは限らない

 

まず私たちの言う後ろの人とは守護霊の事

能力者によって表現はそれぞれなので何が正しいという決めつけはよくないと思うし必要のない議論

ただただ友人、桃水の位置から見れば生身の人間がまずいて、その背後にいる者は後ろの人となるだけである。

後ろという表現も全然あり

なぜなら守護霊は人とは限らないのだから( ´艸`)

動物や妖怪etc.

私達には信じがたいが彼女に見えているモノなんだから仕方ないということになる。

 

守護霊とは前世のこと

 

守護霊とはなにか?それは自分の前世。

私達は今までの自分の前世の何人かと共に生きているということ。

人によっては今世に連れてくる人数はそれぞれ。

しかし基本、能力者に見えているのは1人。

例えば10人の前世を引き連れて生まれてきたとしても、たいがいは今現在、色濃く自分の性質に影響している者一人が見えていて、

その守護霊と自分との二人三脚で生きているのが私達の人生だと考えれば良いということ。

 

もちろん例外もあって一人でない場合もあり。

私、青虫の場合はなんと3人の守護霊が見えているらしい💦

なんでだろう・・・理由は知らないけれど。

どの人間も桃水が目を凝らせば、今世に一緒に生まれてきた守護霊の列が見えるらしい。

目を凝らせばね。

だけどなぜか私は3人共がはっきりと見えている、立っている、計4人で生きている。

レアだね・・・ということ。

有難い。

 

守護霊が変わるから試練は乗り越えられるのだ

 

守護霊の並び順にも意味がある。

現在、自分に一番必要な性質を持つ者が最前列に立ち、2番目3番目と連なっているそうな。

私の後ろに色濃く見える3人の中の2人は、レギュラーメンバーで割といつでもいるのだが、他はチェンジを頻繁にする。

10番目にいた人が突然に最前列に立つ事もあるよ。

その時、自分の人生に一番必要な者が一緒に生きている。

生き抜くために必要な武器を備えているものが共に生きている。

そのような経緯から人生に乗り越えられない試練はないというのは本当のことなのだ。

 

生きていれば自分を取り巻く環境はどんどん変化していく。

状況に応じて自分も成長しなければならない、大人になっていかなければならない。

自分一人の力で進化しているわけではない、一緒に生きている者がいる。

だから私達は乗り越えられる。

それに応じて後ろもどんどんチェンジしていく。

突然に考え方や好みが変わる事、それは可笑しなことでも悪い事でもないということ、

当たり前のこと。

 

霊的な感性が強い人は後ろのチェンジに気づいているもの。

そうでしょ?

朝、目覚めて何かが違うと感じたことがあるのでは?

鏡を見た時に違和感を感じた経験があるのでは?

 

私の場合はわりと元日の朝にそれが訪れる。

それは清々しい違和感

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
いつもクリック協力ありがとうございます。にほんブログ村

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう