こんにちは!青虫です。

改めまして

明けましておめでとうございますm(__)m

 

新しい年を迎え、それぞれに新たな決意や変化があったのではないでしょうか?

私、青虫の場合は今年は新しい守り神であるお稲荷様をお迎えすることになっています。

お稲荷さんと私の過去記事はコチラ↓

このブログ初訪問の方はよろしければ霊能力をもつ友人の紹介から↓

 

守り神をお迎えする準備

 

自分がお稲荷さんと縁があることを知ってから、なんと10年以上もこの時を待ち望んでいた。

いたずらに過ぎ行く時の流れに、もう見限られたのでは?なんて諦めモードにも入っていたほどに私にしたらとても長い時間だった。

 

けれどお迎えするまでにはまだやらなければならないことがあったんだろう。

今ならそう確信できる。

振り返れば実に色々なことがあった歳月だった。

 

お迎えするにあたって私が成長しなければならない部分がきっとあった。

直視しなければならないモノがあった。

感じなければならない苦痛があった。

 

しかし人生の長いスパンを考えればそんなモノはまだ序の口であって

今はまだ新たなステージへ立っただけなのだ。

これからお迎えする新たな守り神と共に。

 

年末に私は自分と縁のあるお稲荷さんがいる稲荷神社を見つけて挨拶を済ませた。

その様子↓

 

鵺の障り

 

お稲荷さんは先日に参拝した時にお迎えしたわけではないようだ。

その時は必要なパワーを分けて貰っただけだったらしい。

ちょうどその頃、秋ごろから私は夜になると鵺のような鳴き声を察知していた時期でもあった。

鵺とは↓

https://ja.wikipedia.org/wiki/鵺

 

桃水に視て貰うと鵺かどうかまでは視えないけれど獅子系の神様のようなものが辺りを走り回っている

自宅周辺の山を壊して開発する動きがあるのかもしれない、ソレはそれに対しての威嚇をしているということだった。

なんにせよ、感じ取れる者である私の耳に届くだけであって何も出来ないのだから知らんぷりをしなければならない。

そのような助言を貰いながらも私の生活にその声は踏み込んでくる。

夜から朝方にかけて。

 

そのような障りがあったことが私を弱らせていたらしく、見兼ねた新しい守り神であるお稲荷様が呼んで下さることに。

それが年末の参拝の意味だったようだ。

年越しをする為の力を与えてくれたということ。

 

人生の転機にざわつく見えない世界

 

鵺の一件だけではなく、新しい守り神をお迎えする前というのは色々とザワツクもの。

己もあやかろうと近づいて来るモノがいる。

良いモノもいれば良くないモノもいる。

生きている人間、人間ではないモノ、それは様々。

確かに私の周囲は今、目覚ましいい変化がたくさんある。

その渦に飲み込まれて私が潰れてしまわない様に、そしてボォーっとしてんなよ!という警告も込めてのモノだったらしい。

 

そして何とか年を越す。

今年からは私の低迷人生が少しづつ上がっていくということ。

決して不幸ではなかったのだよ('◇')ゞとても幸せだった。

ただ人生の前半はツイていない人間だったというだけである。

 

そんな人間が運気アップがもうすぐと聞かされてきたウキウキの新年がやって来た。

新たな年と共に新たな転機

どんな日々が待っているのだろう。

それは何事もなく平穏な日々で良いのだけれど。

 

しかしながらまだもう少し待ち時間はあり…

私にとって冬は冬眠の季節だから。

とっても弱っている時期なのである。

今はまだ低迷中、春にかけて少しづつ上がってくるということ

それは毎年必ずある私の性質だから仕方がないということ。

 

それまでにお稲荷さんからの呼び出しがあるとだけ聞かされている。

 

今はそれをジッと待つ。

新しい神様のお迎えはもうすぐである。

皆さまにとっても良い年でありますように。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
いつもクリック協力ありがとうございます。にほんブログ村

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう